AI・RPA

AIの活用②(販売予測・故障予知)

AIの活用②(販売予測・故障予知)

AIの分析により、過去のデータから未来を予測することができます。

AIの予測分析とは、未来にとって価値ある情報を過去の様々なデータから予測する技術です。

 

例えばAIの予測分析を農業に活用すると、天候データと過去の病害や害虫のデータを紐づけることで、野菜の病害と害虫のリスクを予測する事ができると言われています。

リスクを予測する事ができるので農薬散布のタイミングが明確になり、確実に病害予防ができるだけでなく、生産量の増加につながります。

 

このようにAIの予測分析を使用することで、過去のデータから未来を予測し、前もって対処することができます。

需要予測・販売予測

需要予測・販売予測

AIを使えば様々な条件から、需要が今後どうなっていくのか予測を立てることができます。

これまでの発注実績や天気予報などの情報を収集して、解析することにより、

どういった条件下で発注量の増減が発生するのかが見える化でき、適切な発注量を見積もることが可能です。

 

例えば、飲料メーカーであれば、気温がある水準より上がると温かい飲み物が一気に売れなくなることが、気温と売上データの相関関係をAIで分析すると分かるようになります。

1週間後の予報を基に自動販売機の商品を冷たい飲み物に入れ替えることで、消費者のニーズに応えやすくなり売上の向上につながります。

AIによる故障予知で設備保全

AIによる故障予知で設備保全

AIに今までの機械の故障データと気温データや、使用回数のデータ等を紐づけて学習させることで、故障の予測を行うことができます。

例えば、機械の故障が気温何度以下のもとで平均何回使用すると発生するのかを故障条件データとして、見える化することができるようになります。

 

故障条件データを基に、AIが故障の時期を予測して教えてくれます。

その結果、機械が故障する前に、メンテナンスを行うことで未然に故障を防ぐことが可能となり、設備の保全につながります。

 

AIによる分析は多方面で活用することができます。

AIによる分析を利用したいというご要望がございましたら、お気軽にSI事業部にご相談ください。

お問い合わせはこちら/TEL:058-273-1445