生産スケジューラ

生産計画の精度を高める生産スケジューラとは

生産計画の精度を高める生産スケジューラとは

生産スケジューラとは生産活動において、必要な生産量に対して、人員・材料・設備等の保有する資源に照らし合わせ、実現可能な日程計画を立てるものです。

生産スケジューラとして一般になじみが深いのは、生産管理システムの中で管理された、

・納期

・必要な生産量

・工程

・人員

・設備

を考慮しながら、作業の日にち・時間を求めるものが知られています。

 

ここでは、一般の中小製造業における生産スケジューラ導入に役立つ情報をまとめていきます。

日々の生産活動は、下記の様々な要因が複雑に絡み合い、行われています。

・原料、部品

・人員

・機械設備

・治具、工具

 

多くの中小製造業では、ベテランの担当者が、経験を基に日々の生産計画の立案を行っています。

しかし、短納期、小ロット化、熟練工の高齢化といった、厳しい環境の変動による影響もあり、工場の生産活動を限られた人材で、適切に計画することは難しくなってきており、同時に組織のリスクとなってきています。

生産計画の課題

生産計画の課題

また、今までは熟練工やベテラン社員が、経験や勘によって対応してきた、

・品質の維持

・稼働率向上

・短納期品の優先順位の決定

・正確な納期回答

といった課題に対しても、熟練工の高齢化や退職、人手不足から、今までのように対応することが難しくなってきているのが現在の状況となります。

そのような課題を解決しつつ負荷を考量した計画を立案するためにも、生産スケジューラの導入が不可欠となってきています。

 

しかし、いざ生産スケジューラを導入しようと思っても、どう検討していいのか分からないという現実もあります。

どの生産スケジューラが自社に合っているのか?高額なシステムを導入しても使いこなせるのか?他社ではどうしているのか?といった不安があるからです。

ここでは、多品種少量生産の中小製造業様における、生産スケジューラを導入する理由と導入効果の事例を取り上げます。

 

生産スケジューラの導入理由として、多品種少量生産の中小製造業の生産現場には、下記のような様々な課題があります。

・特急品や飛び込み案件といった割り込み依頼が多く、計画変更が頻発する

・急な計画変更により、現場が混乱して、急な残業が発生する

・特定の熟練工しか分からない生産計画を立てるためのルールがあり、属人化してしまう

・工場の負荷状況が分からず、営業からの納期問合せに対する回答の精度が低い

・受注状況により、特定の工程がボトルネックになり、全体の納期が遅れてしまう

・特定の担当者や工場全体で残業が常態化しているが、必要な残業か判断できない

・Excelで生産計画を立てているが、作成も大変な上に変更時の修正にも時間がかかる

 

生産スケジューラ導入効果

生産スケジューラ導入効果

そこで、生産スケジューラを導入し、計画業務の見直し、運用ルールを決める事によって、下記のような効果が望めます。

・計画業務の省力化と属人化の解消

判断基準(計画立案の優先順位・制約事項)をシステムに持たせることで、特定の社員以外でも短時間で計画立案が可能になる。

 

・柔軟な計画変更の実現

システム上で、納期等の優先順位を考慮した再計画が可能なため、スムーズに計画変更ができる。割り込み対応時でも現場が混乱しない。

 

・計画が事務所でも現場でも確認できる

工場の負荷状況がシステム上から確認できるので、営業から納期を聞かれたときに、的確な回答ができる。 

 

・必要な残業か、判断ができる

負荷を考慮した計画、負荷の見える化が可能になり、必要な残業かの判断が可能になる。残業計画も立てやすくなり、社員のモチベーションアップにもつながる

 

・適正な作業時間だったか判断ができる

システム上で予定と実績の比較ができるため、差異のあった工程や設備が分かり、何故差異が出たのかを分析する事ができる。

 

 

 

生産スケジューラ導入にあたり

生産スケジューラ導入にあたり

生産スケジューラ導入効果のように中小製造業の課題を解決するためにも生産スケジューラは大きな成果が期待できますが、自社の体制づくりや仕組みづくり、業態にあったシステムを選定することが非常に大切となります。

自社の強み・弱み・課題を明確にしつつ、必要な投資は何なのか?自社の付加価値を上げるためにはどうすればいいか?といったような、複数の角度からの分析を行ってください。

その上で、自社の付加価値向上に繋がると判断できた場合は、生産スケジューラの導入をご検討下さい。

IT活用により、複雑さを増す現代に柔軟に対応できる仕組みを構築し、荒波をわたっていける会社作りに貢献できれば幸いです。

お問い合わせはこちら/TEL:058-273-1445