ご紹介

今さら聞けない -------IoTって何?

今さら聞けない -------IoTって何?

ここ最近、IoTという言葉を耳にすることが増えてきました。

みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

IoTとは、Internet of Things の略で、日本語では「モノのインターネット」と訳されます。パソコンやスマホなどの情報通信機器だけでなく、それ以外のありとあらゆる「モノ」に通信機能を持たせ、それらがインターネットに接続されることにより、モノから得られる情報(データ)を収集したり、モノを遠隔制御したりする技術のことです。

M2M

M2M

IoTほど馴染みはないと思いますが、M2Mという言葉をご存知でしょうか。

M2Mとは、Machine to Machine の略で、人が操作することなく、機械と機械が通信ネットワークを介して、相互に情報をやり取りすることです。M2Mではインターネット経由で通信するとは限りませんが、これも含めて広い意味でIoTと表現される場合もあるそうです。

 

少々乱暴ですが、「モノ」に通信装置を組み込んで、データ収集や遠隔監視・制御などを行なうことがIoTだと言ってもいいかもしれません。

 

「モノ」に組み込まれるセンサーや通信モジュール等の部品の小型化、高性能化、省電力化が進み、それらが安価で入手できるようになってきたこともあり、いろいろな場面でIoTを活用する事例が増えてきています。

身近なIoTとビジネスの場でのIoT

身近なIoTとビジネスの場でのIoT

■身近なIoT

 

   ・帰宅前にエアコンのスイッチを入れておく

   ・レコーダーに録画した番組を移動中に視聴する

   ・ロボット掃除機を外出先から操作する  等々

 

家電とスマホが通信することで、離れた場所から家電を制御できるようになってきています。

 

■ビジネスの場でのIoT

 

 ○製造業

   ・工場内にセンサーや計測器を設置し、生産設備の稼働状況を監視したり、異常が発生した

      場合に警告する

 

 ○農業

    ・ビニールハウス内に、温度や湿度、日射量等を測定するセンサーを設置し、離れた場所

     から管理する      等々

 

ビジネスの場合は、現場でデータを収集する機器と、離れた場所にあるシステムが連携して、一元的にデータを分析したり、機器を監視・制御したりしています。

IoTの今後

まだ研究中、試験運用のものもありますが、今後さらに発展しビジネスが効率化されていくことが予想されます。

 

テクノアでは、新しいIoTを使ったソリューションも積極的に提案しています。

IoTを使って新しいことを始めたいという方は是非ご相談ください。

https://form.k3r.jp/technoa/1011

 

お問い合わせはこちら/TEL:058-273-1445