取り組み

積極的に改善を!「改善提案」制度をご紹介

積極的に改善を!「改善提案」制度をご紹介

みなさんこんにちは。SI事業部の高松と申します

 

今回は、テクノアの「改善提案」制度についてご紹介します。

名前のとおり、「改善したほうがいい」と思ったことを会社に対して「提案する」制度です。

 

日々の業務を、工夫や改善でよりよくしていくことはとても大切なことです。

「こうしたらいいのになぁ」と思っていても、「誰に伝えればよいかわからない。」

「意見をするのが苦手」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

改善提案制度は、全社員が会社を良くするために自由に提案ができる、取り組みの1つです。

自由に提案を

自由に提案を

改善提案制度では、まずは積極的に意見を出すという事が重要視されています。

せっかく制度があっても誰も意見を出さないのであれば意味がありません。

テクノアの改善提案制度はどんな内容であっても提出すると100円、採用されると300~1000円支給されます。

改善案が採用されるかどうかは、別途協議となりますが、その結果や理由も全社員に通知されるため、モチベーションが上がり積極的に提案がされるようになっています。

改善提案 例

改善提案 例

私が提案し、採用された「改善提案」をご紹介します。

突然の雨で傘が無くて困ったり、車に傘忘れてしまうことがあるかと思います。

私も同じような経験を何度もしました。しかし、よくよく会社の傘置き場を見ると、持ち主不明で使われていない傘が多くありました。

呼びかけをしましたが、かなりの本数が残りました。

「これを使わない手はない」と思い、

『持ち主不明の傘を「共有傘」として貸し出す』

という改善提案を提出しました。

すぐに実施され、突然の雨にも困らないようになりました。

最後に

社員が積極的に提案できる環境づくりの一貫が「改善提案」制度です。

 

・どんなアイデアもポジティブにとらえること

・出されたアイデアを検討すること

が積極性を持たせる上で重要と言われています。

 

みなさんの会社でも、「改善提案」制度を検討されてみてはいかがでしょうか?

お問い合わせはこちら/TEL:058-273-1445