お知らせ

Windows 7サポート終了まで約1年

Windows 7サポート終了まで約1年

2020年1月14日、Windows 7の延長サポートが終了します。
 

まだまだWindows 7のパソコンをご利用の会社も多いことと思います。
Windows 10への移行検討は始めていますか?

今回はWindows 7→Windows 10への移行に関して、いつまでに何をすべきなのか?
そして今やるべきことを解説します。

そもそもOSのサポート期限って何?

Windowsの場合、開発元のマイクロソフトの製品サポートは、製品発売後、最低5年間の
メインストリームサポートと、最低5年間の延長サポート (合計最低10年間) が提供されます。
Windows 7の場合、2009年10月に一般販売が開始されており、まもなくその10年間が経過するのです。

サポートが終了することで、セキュリティ更新プログラムの提供や、仕様変更、新機能のリクエストなどがマイクロソフトより受けられなくなります。使用継続は、ウイルス感染や不正アクセスによる情報漏えい、金銭被害などのリスクが高まると言えます。

サポート期限を迎えてからOSを入れかえるとこんなことが……

サポート期限を迎えてからOSを入れかえるとこんなことが……

・部署間の調整、スケジュール作成などやるべきことがたくさん!

・使用しているソフトウェアの動作検証がとれていない!

・担当者をしっかり決め全社を挙げて取り組まないと非効率!

・ソフトウェアの改修や入れ替えの作業を外部に依頼する場合、直前ではスケジュールや予算取り

 が思うように行かないことも!

・しっかりとした教育計画や十分な習熟期間がないと入れ替え後、すぐに社員が使えない!

やるべきことをリストアップしてスケジュール作成をしましょう

やるべきことをリストアップしてスケジュール作成をしましょう

Windows 10への移行で、最初にすべきことは社内の体制作りとも言えます。

 

・担当者を決め、社内の各部署に協力を要請する。

・予算を確保し、全社一丸となって移行準備を進める準備をする。

・決裁権限を持つ上司などに移行の必要性をきちんと説明し、全社プロジェクトとして

 スタートする。

 

実際の移行作業は業種や現在の環境によって異なりますが、どのような場合でも欠かせないのが「事前調査」です。

 

現在、全社に何台のパソコンがあり、そのうちの何台をどういった順番で移行するのか?
業務に必要なソフトやハードがWindows 10でも動作するか?Windows 10の機能をどこまで使うのか?といった、細かなことも調査します。
このような事前調査は、移行作業の成否を決める重要なポイントとなります。

 

事前調査が完了したら、それをベースに弊社のようなSIベンダーと相談し、移行のスケジュールや
移行作業の日程、金額などを調整します。ソフトウェアの改修が必要な場合も多いので、開発期間も
見込んで早めの着手をすることが肝要です。

早めの着手でプロジェクトの成功を

パソコンの入れ替えやそれに伴うプログラムの改修は、全社の資産の棚卸しをする絶好の機会でもあります。パソコンやソフトウェアなどのリストをこの機会に整理し、業務効率化に着手するチャンスととらえることもできます。しかしWindows 7のサポート期限切れとなる2020年1月の1年前くらいから、徐々にSIベンダーへの依頼が立て込み、希望通りのスケジュールや調整が難しくなります。

また、時間がない中では、移行を機に業務効率化を行なおうとしても、準備が十分にできないことも考えられます。

早めの着手でプロジェクトを成功させましょう。

お問い合わせはこちら/TEL:058-273-1445