事例

多品種部品加工業の方必見!自動スケジューラー

皆さんこんにちは。SI事業部 高松です。

 

今回は、自動スケジューラーについて紹介します。

 

多品種部品加工業のA社様。生産管理システムを導入されていましたが、

スケジュール管理が煩雑で、Excelでスケジュール作成をする事に限界を感じており

早く、簡単にスケジュール作成ができるようにしたい、とのご依頼をいただきました。

 

ヒアリングを行う中で、下記のような課題が浮かび上がり、「自動スケジューラー」を

提案致しました。

 

 

課題■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・多数の品番の製作工程の調整に多くの時間を割いている。

・特急対応の際には、すべての工程を再調整しなければいけない。

・一つの工程を変更したら、後工程も変更しなければいけない。

・部署ごとの負荷が把握できない。

 

提案■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

既存の生産管理システムより工程情報をスケジューラーに取り込み、工程計画を立案する

仕組み「自動スケジューラー」を提案しました。

従来のエクセルでの管理のように、手動で一つ一つの工程を動かし、調整するのではなく、

設定した制約条件に従い、自動で工程計画を立案できるツールです。

様々な条件指定が可能で、特急納期のスケジュールや、残業を発生させないよう負荷

を平準化したスケジュールの立案等、設定次第でお客様の状況に合わせて

スケジュールを作成します。

 

導入後(お客様の声)■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・工程計画立案に費やしていた時間を、自動スケジューラーを使用する事で削減できた。

・DB(データベース)一元管理、Viewer機能を利用し、スケジュールを容易に周知

  できるようになった。

・様々な切り口で負荷の確認ができるようになった。

・特急対応にも柔軟に対応ができるようになった。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

自動スケジューラーについてのご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

https://form.k3r.jp/technoa/si0508

 

 

 

 

お問い合わせはこちら/TEL:058-273-1445