取り組み

インターンシップの学生の皆さんに、AIを作ってもらいました

インターンシップの学生の皆さんに、AIを作ってもらいました

インターンシップとは、「学生が、企業で短期間業務を体験すること」とされています。

一般的には、4~5日で、学生向けに会社説明を行ったり、業務体験をしてもらっている事例が多いようです。

学生にとっては入社前に企業のリアルな姿を知るための良い機会になっていて、企業としても、社会貢献、人材確保等のメリットがあり、近年増加傾向にあるようです。

テクノアで実施したインターンシップ

テクノアで実施したインターンシップ

テクノアでも最近インターンシップを実施しています。

今回は5名の学生の方々にお越しいただき、AIを使った内容で行いました。

内容としては、Microsoft社の「Cognitive Services」を利用し、画像認識の実証を行いました。

 

具体的には、2チームに分かれ、

画像認識を使ったサービスについて、チームで考え、実際にやってみて、問題があれば振り返る。

PDCAを回しながら、各自のテーマにあった、AIを作ってもらいました。

(ここでいう「作る」とは、AIに学習させたということを指します。実際にAIエンジンをプログラム開発したわけではありません。一つ言えることは、AIの活用に数学やプログラミングの知識が不要な時代がやってきているということです。)

最後にはその結果をプレゼンしていただきました。

 

■i-Fashionista

概要:自分の服装を写真に撮ると、「どの系統の服装」か判断してくれるツール。

効果:自分の服装の系統がわかる。服選びの参考になる。

------------------------------------------------------------------------

自分の服装を写真で撮る

□カジュアル

□きれいめ

□アメカジ 等

とAIが判断してくれる。

------------------------------------------------------------------------

 

■毒舌モデルメーカー

概要:自分がどのよう他人から見られているか、「見た目の体型」を客観的に判断してくれるツール

効果:客観的な判断をすることでダイエットなどのやる気を出す。

------------------------------------------------------------------------

自分の体形を写真で撮る

□理想の体形

□一般的な体形

□まだまだ努力が必要

とAIが判断してくれる。

------------------------------------------------------------------------

 

双方とも苦労しながらも、面白く、若々しい視点での取り組みをプレゼンいただき、我々にとっても、刺激的かつ興味深い発表となりました。

Cognitive Servicesについて

今回利用したサービスは、無料で提供されているものです。

簡単な登録で色々なことができます。

興味のある方は、お試しください。

 

Microsoft社のCognitive Servicesは下記よりお申込みいただけます。

https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/cognitive-services/

お問い合わせはこちら/TEL:058-273-1445