IoT

IoTと相性のいい通信「LPWA」とは

IoTと相性のいい通信「LPWA」とは

最近、よく耳にするIoT(モノのインターネット)ですが、今回はモノ(デバイス)がネットワークに接続するために必要な無線通信のお話です。

無線通信といっても色々あり、お馴染みのものでは「Wi-Fi」、「Bluetooth」、携帯電話などで使用されている「LTE」や「3G」などがあります。
しかし、これらの通信方法は、消費電力が大きかったり、通信距離が短いなどの特徴があります。

そこで最近注目を集めている無線通信として「LPWA」があります。

LPWA(Low Power Wide Area)とは、「長距離のデータ通信」、「低消費電力」という2つの特徴を満たしている通信ネットワークです。
具体的には、通信速度は数kbpsから数百kbps程度と低速になりますが、一般的な電池で数年から数十年にわたり運用可能な程、消費電力が小さく、また、通信距離は数kmから数十kmにもなります。

IoTと相性がいい

IoTと相性がいい

工場や倉庫など、情報を収集したいモノにセンサーを取り付け、無線通信によりサーバへ、その情報を送信したい場合があります。
これを「Wi-Fi」で行おうとすると、 広い敷地や障害物が多数ある工場や倉庫では親機を複数設置する必要がありましたが、通信距離の長い「LPWA」を利用すれば、1台の親機でカバーできる可能性があります。

IoTのようにシンプルなデータのやり取りが多い場合は、デバイスや回線ごとの通信容量は小さくても問題はありませんが、広範囲、大量接続を低コストで行う必要があります。センサー機器に組み込み、長期間利用できる低消費電力の「LPWA」は、IoTには適していると言われています。

どのようなケースで使われているか

どのようなケースで使われているか

・ ガス・水道メータの遠隔検針
・ 河川の水位データ収集(災害対策)
・ バスやトラックの位置情報取得
・ 設備の稼働状況を監視(異常の検知、故障予防) 

 

などで使用されており、低コスト低消費電力の「LPWA」は、今注目の技術です。
LPWAを利用することで、IoT導入のコスト低減も期待できます。

 

IoTを使った業務改革は、弊社へご相談ください。

https://www.technoa.jp/contact/form

お問い合わせはこちら/TEL:058-273-1445