IoT

利用する機能を宣言

利用する機能を宣言

最初の4行は、Raspberry Piで利用する機能を宣言しています。
 

GPIO.setmode:コードでのGPIOのピンの呼び方の指定は、

BOARD:ピンの並び順 

BCM  :ピンにつけられた名前 

の何れかで行います。

動作に関する記述

動作に関する記述

上記の5行は、動作(Lチカ)に関する記述をしています。

SLEEP関数の引数(秒)を変えることで、素早く点滅させたりすることができます。

まとめ

まとめ

LEDの点滅ですが、

 

電流を出力する。

そのまましばらく待つ。


電流の出力をやめる 。

そのまましばらく待つ 。

 

を単純に繰り返しているだけです。
 

意外と簡単にできそうですよね?

みなさんも是非挑戦してみてください。

お問い合わせはこちら/TEL:058-273-1445