工作機械の稼働状況分析2

  • 部品加工
  • 板金プレス
  • プラスチック
  • 金型製造

課題

  • 機械の稼働/停止状況がわからず、管理者の対応指示が遅れる。
  • 手書き実績表で集計しているため、正確な稼働時間を把握できない。
  • 工作機械や設備が古く、データを収集できない。

改善効果

  • 効率
  • 削減
  • 稼働状況をリアルタイムで監視し、停止~再稼働時間が短縮。
  • 自動集計で正確な稼働時間を把握し、指示時間の精度が向上。
  • 工作機械や設備の新旧問わず稼働データの収集が可能。

導入イメージ

●光センサーにて三色灯より生産状況を取得。リアルタイムで停止、稼働等の状態を監視。

グラフイメージ

稼働状況を機種ごとや時間帯別に集計し表示。 1カ月の合計をレポートすることも可能。

稼働状況を機種ごとや時間帯別に集計し表示。 1カ月の合計をレポートすることも可能。

停止状況に焦点を当てたグラフでの分析も可能。

停止状況に焦点を当てたグラフでの分析も可能。
一覧へ戻る